FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬の味覚 あんこうを食す旅 前編

今年もやって来ました「オジイと行く旅 2010」です。
参加者は9名。
行き先を色々考えましたが、冬に美味しい魚と言えば西のフグに東のアンコウ。
P1030448.jpg
そこで今回はアンコウを食す旅と題して、茨城県に行って来ました。
昨年はバスや新幹線など公共交通機関を利用したのですが、酒に酔って周りの人に迷惑をかけた奴がいるのでそれは却下。当の本人はとても楽しかったらしく、今年も電車がいい!とほざいたのですが断固却下。
そこで10人乗りのレンタカーを利用する事にしました。
丁度マツダレンタカーでキャンペーンを行っていたので通常の40%割引で2日間で¥27,000弱でした。以前、別のお店で同じ車種を借りた時は5万以上したのでかなりお得。酔っ払いにも「交代で運転だよ。」と言っておけば飲めないので、酔って迷惑をかける心配が少なくなります。ほ。
P1030412.jpg P1030413.jpg
山梨から6名で出発して一路新宿を目指します。
曇りの予報でしたが笹子トンネルを抜けると雪が降っていました。談合坂は白銀の世界。
都内に入っても雪は舞っていました。新宿で3名が合流して茨城県に向かいました。
首都高で下町を抜けると2012年春の完成を目指して建設中の東京スカイツリータワーが見えました。現在289mで、完成時には634mとなり、世界一高いタワーになるそうです。車窓から東京見物も楽しみながら車は新都市埼玉県三郷を抜け、千葉、茨城へと入って行きました。

水戸市に入っても積もるほどではありませんが、雪が舞っていました。
魚づくしの旅行になるので1日目のお昼に選んだのは肉料理。
P1030416.jpg
常陸なわのれん」で牛鍋膳をを食べました。
P1030414.jpg P1030415.jpg
目の前でクツクツと煮える牛鍋はアツアツを頂けます。ランチはお値打ちなので常陸牛ではないとの事でしたが、お肉も柔らかくて美味しかったです。薄くスライスしたバケットに付けながら食べたり、ご飯にかけて食べたりしました。
小鉢にはほうれん草のお浸し、サーモンサラダ、牛のしぐれ煮。ご飯に汁椀、コーヒーが付いて¥1,575でした。

お腹が満たされてから向かったのは竜神大吊橋。
橋長375mは歩道橋としては本州一の長さ。強風や悪天候の場合は渡れないという事だったので、問い合わせてみると「渡れますよー」との事。山間にあるので雪の粒は大きさを増し、更に周囲は白くなっていきました。
P1030418.jpg P1030421.jpg
¥300の入場料を払い、湖面からの高さ100mにある吊り橋を往復800m弱のお散歩。
途中、床面が透明になっている所や網になっている所がありましたが、雪だったのでよく見えませんでした。
P1030422.jpg
あるオジイは売店にて唐笠を買っていました。
「こりゃあいいぞ!麦わら帽子と違ってエアが抜けるから田んぼでかぶろーっと。」との事。
田舎の観光地に行くと時々見かけるけど、買っている人を初めて見ました。
P1030426.jpg
駐車場入口付近にあった「若ガエル石」。カエルの形に似た石でこれをなでると若返る、若しくは無事に帰るとか。みんなの希望は若返り。よーし、よーしと必要以上になでくりまわしました。

山間の吊り橋から宿へ向かいました。
旅行の企画をしたのは年末だったのに、アンコウのトップシーズンの週末という事もあって宿は満室。空いているのは御高級な旅館やホテルと少し外れた地域にある宿。そこで見方を変えて民宿で検索。
五浦海岸の平潟にある「浜庄」という宿にしました。
P1030429.jpg
部屋のベランダからは太平洋を一望!
私達の3人部屋は8畳+6畳の2間続き。既に布団が川の字に敷いてありました。
お風呂は洗い場3か所で温泉宿から比べたら規模は小さいものの源泉63度の温泉。加水しているそうですが、硫黄の匂いも強く脱衣場に「貴金属類は硫黄成分による変色があります。」と張り紙がありました。肌がつるつるして体の芯まで温まるとても良い温泉でした。
夕食はあんこうフルコース。
P1030432.jpg P1030431.jpg
あんこうの共酢和え、茶碗蒸し、あん肝、カワハギの肝和え、鱈の白子。お刺身もドーンっと大皿で登場。酒飲み達にはたまらない酒の肴ばかり。
P1030434.jpg P1030437.jpg
更に鰈の煮付けは身が柔らかく、卵もたっぷり。天ぷらは野菜と鰈。骨もパリパリと香ばしく揚げてありました。
P1030435.jpg
メインのあんこう鍋!
宿のおばあさんが「身は軽く火を通した状態で一度味わって、皮のついた部分は更に少し火を通して食べると美味しい」と言う言葉通りにプリプリなアンコウを頂きました。プツプツと浮いているのは味噌?と思ったらあん肝でした。味噌仕立てで濃い目かな?と思いきや、淡白であっさりしていました。シメのおじやまで存分に堪能しました。
周辺には何も無い宿なので、夜は波の音が子守唄。いや、子守唄にしてちょっとボリュームが大きいなぁと思う位よく聞こえましたが布団に入ると沢山飲んで、食べたので知らないうちにぐっすり眠ってしまいました。
【つづく】
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

いい旅ですね!
いいですね~あんこう食べ尽くし!
私も一度味わいたいです(ジュル)
なんで肝って美味しいんでしょうね?
さぞかしお酒も美味しかっただろうな~と想像しちゃいます。
あと若ガエル石も外せませんね♪(真剣)
Posted at 2010.02.18 (13:58) by hiro (URL) | [編集]
東のアンコウ
本場のアンコウ、美味しかったです。
茨城県内でも今回訪れた平潟という地域が本場中の本場とか。
あん肝も美味しいけど、個人的には共酢和えが美味しかったです。
3月くらいまでは頂けるそうです。
機会があれば是非!
Posted at 2010.02.18 (22:49) by (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

F

Author:F
相変わらず定職には就いていませんが、脱・ストレスFree生活。なんだか色々始めちゃいました。
生きるって大変ですわ。

コモモ時計 ver.1

最近の記事
最近のコメント
とーたるあくせす
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。