FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新羽田空港から韓国へ 2日目その2

青瓦台の見学を終えて元の集合場所へ。
P1040083.jpg
すぐ隣にある景福宮はソウルにある王宮の中で一番広く大きな宮殿。
しかし豊臣秀吉による戦火で全焼してしまいました。現在は復旧工事が行われており、完成は2025年。わぉ。
景福宮では王宮守門将の交代式を見る事が出来ます。以前は南大門市場の近くにある崇礼門でも行われていたのですが火災による今は行われていません。
P1040087.jpg P1040085.jpg
伝統的な衣装を身にまとい、微動だにしません。寒い中、本当にご苦労様です。
隣で記念撮影も可能なので近くまで行って見てお気に入りのオッパがいたら是非w

だいぶ体が冷えました。
お昼ごはんは少し山の上にあるヌルンジペクスクというお店に行きました。
少しアクセスの不便な場所にあり、地下鉄やバスを乗り継いで行けるそうですが私達はタクシーで行きました。運転手のおじさんに聞いてみると「おぉ、あそこはうまいぞぉ。」と太鼓判を押されました。
夏場は特に長い行列の出来る人気店という事ですが、タイミング良くお店に入れました。
メニューはいくつかありますがお店の名前にもなっているヌルンジペクスクを注文。ひな鳥のお腹の中に餅米などを詰めて煮た参鶏湯に似た日本で言う水炊きに近い料理でしょうか。で、これセットメニューで3,4人分ありますからご注意を。
P1040088.jpg
キムチやカクテキなどのつきだしと運ばれて来たのはそば粉のチヂミ。外がカリっ、中がモチっとして香ばしく追加注文したいくらい美味しかったです。
P1040089.jpg P1040090.jpg
そしてメインの登場。
大皿に乗った鶏肉は1羽がドーン!ひな鳥の様に柔らかく煮込まれていて臭みも全くありません。
大きな黒い鍋の中にはお焦げの入ったお粥。これももっちりして美味しかった~
3人で食べても食べても食べきれず。お店の方が「包みましょうか?」と言ってくれました。結構お持ち帰りしてる人が多かったです。参鶏湯に飽きた方、そうで無い方にもお勧めです。
帰りはどうしよう?と考えている時に素晴らしいタイミングでタクシーが来たのですかさず止めてホテルへ・・・ここで事件が発生したんです。
タクシーの中で助手席に乗り、ご機嫌でiPhoneをいじっていた私。遊び終えてダウンジャケットのポケットに入れたつもりが!スルっと落ちたらしいんです。いや、落としたんです私が。ホテルに着いてタクシーを降りてエレベーターに乗り込もうとした時、ふいにポケットに手を入れたら・・・な、な、な、なーーーーーーーーーーいっ!!!
慌ててホテルの玄関に走り、ドアマンのおじさんに泣きつきました。
【私】「おじさーん、さっきタクシーに乗って来たんだけど車の中に携帯を落として来ちゃったー!」
【おじさん】「まずその携帯に電話してみましょう!」
と電話してくれたけど呼び出し音は鳴るものの応答せず。
【おじさん】「玄関のCCTVを確認しましょう!監視室に行きましょう!」
【私】「は、はい!」
ホテル従業員通用門を通って監視室へ走りました。
【おじさん】「ほんの5分くらい前ですよね?私、ドア開けましたから覚えてます。じゃ、10分前から見ましょう。」
映像には私達が写っており、拡大するとタクシーのナンバー、会社名が分かりました。するとおじさんはタクシー会社を調べて電話をかけ運転手の携帯番号を聞き出してくれました。
その間、おじさんは監視室にいた別の従業員の方々に指示して私の携帯に電話をかけてくれたりショートメールを送ってくれていました。
ついに運転手のおじさんと話をする事が出来ました。食事をとる為に休憩中で少し離れてしまったけど後で届けてくれる事になりました。後に分かった事ですが、よくかける人の番号を数件登録しておいたら運転手さんは端からその人達に電話をかけて「この番号の人が携帯を置いていってしまいましたよ。別の連絡手段はありませんか?」と聞いてくれていたんだとか。悪い人じゃなくて良かった~、見つかって良かった~
しかもドアマンのおじさんの迅速な対応に感動した~、大きいホテルに泊まってて良かった~

落ち着きを取り戻し、韓服撮影に行った同行者と合流してから南大門をひとめぐり。まず新世界百貨店でお土産用の韓菓を買ってから他で買うよりも少し安く買えるストラップやアクセサリーを見たり、山盛りの衣類の中から掘り出し物を探したり。
P1040097.jpg
夕飯は明洞の三金で。
本当は皮付きのオギョプサルを食べさせてあげたかったけど、明洞には少ないので仕方ありません。
P1040095.jpg P1040096.jpg
キムチも豚肉と共に鉄板に載せるとサムギョプサル初心者の同行者は「キムチを焼くの?!」と目をぱちくり。でも食べた途端「おいしいねぇ。」を連呼。そう言えば私も初めの頃はキムチを鉄板で?と驚いたもんですが、今では何の躊躇もなく鉄板に載せているとはw
名物のキムチが入った大きなケランマリ(卵焼き)も気に入ってもらえたようでした。
P1040099.jpg P1040100.jpg
食事を終えてからホテルの近くにあるBAR TRICKへ。
何度かお邪魔しているのですが、当初は1杯飲めばマジックが見られるというお店でしたがシステムが変わり90分飲み放題で50分位のショーを見ておひとり様W32,000(約¥2,500)となりました。それでも日本で考えれば安いもんです。通訳の女性がいるので韓国語が分からなくてもOKです。彼女、独学で日本語を勉強したそうですが訪れる度に上手になっている気がします。それにしてもジョーク混じりで間近で見せてくれるショーは何度見ても飽きません。

存分にマジックとアルコールを楽しんだ後は予約してあった漢南火汗蒸幕へ。
汗蒸幕と言えば外国人観光客向けのもの、値段の安いものが増えましたが電気釜が増えたのもその要因だとか。今回のお店は未だに松の木を焚いた釜を使っています。
個人的に気に入ったのはよもぎ蒸し。今までに1度だけ経験した事があるのですが漢方が入った鍋をガスコンロに乗せて火をつけたままグラグラ煮たてたままだったので熱いの!なんの!焦げるか火傷するかと思うほどだったというトラウマがあったのですが・・・こちらではオリジナルブレンドの漢方を陶磁器の鍋で先に煮立て、その蒸気を下半身に当てるのでじんわりと伝わり、前回のものと全く違いました。「冷えや生理不順などの婦人病に効果があるし、子宮がきれいなるのよ。Fさん、韓国によく来るんでしょ?来る度によもぎ蒸しをしに来なさい。」と社長さんが言っていました。確かに翌日、薄い茶色のおりものが出ました。気になって後日調べたらこれは好転反応のひとつと言われる子宮に溜まった老廃物が出たんだとか。
アカスリもしましたがいつも韓国でアカスリをしてもらうとお情け程度のシャンプーリンスをしてくれるのがイマイチでした。でもここは丁寧にシャンプーしてくれましたよ。日本語の上手な方が多く、みんな親切でした。
社長さんは女性の方で日本語は片言ですが、とっても気持ち良い肝っ玉母ちゃんぽい方。知人の紹介という事と韓国語が出来ると言う事でとても気さくに接して頂き、連絡先まで交換してきちゃいました。
じっくり温まってこの日はぐっすり爆睡でした。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

F

Author:F
相変わらず定職には就いていませんが、脱・ストレスFree生活。なんだか色々始めちゃいました。
生きるって大変ですわ。

コモモ時計 ver.1

最近の記事
最近のコメント
とーたるあくせす
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。