FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新羽田空港から韓国へ 5日目

済州島2日目。
前の晩の宴会でちょっと多めかしら?と買って来たアルコール類は1滴残らず飲み干してしまいましたw
宴会終盤で「007(コンコンチル)」というゲームが始まったんです。
ジェームス・ボンドでお馴染みの映画007の名前をとったゲーム。両手で銃を真似た格好を作り、ゲームは始まります。
じゃんけんで勝った人が「0」と言いながら誰かを指差し、差された人は「0」と言いながら誰かを差し、差された人は「7」と言いながら誰かを差したら「7」と指差された両サイドの人達は即座に「バン!」と言いながら両手を挙げなければいけません。そして「7」と差された人がまた「0」から始めて行くというこんな感じのゲーム。
はじめはゆっくり進めて行きますが徐々にテンポアップ。するとミス続出。
何かしらミスした人は罰としてグビっと一気飲み。4人以上だとかなり盛り上がります。
おかげであっという間にアルコールは私達のお腹の中へ~
「なんか汁物食べたいって言うか飲みたい。朝ごはんは辛ラーメン作って食べようよ。」と韓国人的台詞が私の口からなんの迷いも無く出る様になってしまいました。
韓国人はよくお酒を飲んだ翌朝「解臓(ヘジャン)しよう。」と言います。
お酒を飲んで疲れた胃腸の働きを解きほぐそうという意味。牛の血を固めたスープなどを飲んだりしますが、簡単に出来る汁物で済ます場合もありますが私達は辛ラーメンでヘジャンしました。

2日目の観光は
P1040250.jpg P1040251.jpg
済州島最大のお寺「薬泉寺」から始まりました。
李氏朝鮮時代初期の仏教建築様式で建てられた本堂は3階建て30mです。1枚W1万でお願い事などを書いた瓦を奉納する事ができ、瓦を張り替える事があった時には順番に使用されるそうです。
P1040262.jpg
次にやって来たのは如美地植物園(ヨミチシンムルウォン)です。
東洋最大規模の人工室内型植物園で近隣に有名ホテルが多いので人気の観光スポットだそうです。熱帯果樹園ではバナナやパパイヤなどトロピカルフルーツがなっているのを見る事が出来ました・・・が、なんだか友人に異常事態発生。体調不良を訴え足早に退散。
どうやら昨夜の宴で完全にヤラれたようです。酒豪の彼女には珍しい事態でちょっとびっくり。
P1040267.jpg
次のスポットに移動中に立ち寄ったのはみかん農園。
済州島の特産のひとつにみかんをはじめとする柑橘類があります。みかんは済州島の方言で「ミルガン」とも言われるそうです。特に有名なのはハルラボン。日本ではデコポンの名前で出回っています。
香りが良くてジューシーなチョネヒャンという物が気に入りましたが、日本の「せとか」という品種で少し高めだけど人気だそうです。果物の国外発送は難しいので味見をさせてもらってから韓国内の知人に送りました。
P1040268.jpg
お昼はタソルトルソッパッというお店へ。
韓国で人気のバラエティ番組「1泊2日」でこちらのお店に立ち寄ったのを見た友人が是非行きたい!と今回のプランに組み込んだそうです。
P1040271.jpg P1040269.jpg
アワビがたっぷり入った石焼ご飯やアマダイの干物、海鮮鍋がセットになったアワビ定食を食べました。
ご飯にはお好みでマーガリンや醤油ベースのタレをかけて頂きます。肝もたっぷり♪
しかし体調不良を訴えていた友人はせっかくのご馳走を目の前に2さじほど食べて残念ながらリタイア。勿体ないので3匹のハイエナが友人の分を頂きましたw
友人の体調は良くなる兆しが無いので予定を変更してまず宿泊先へ。
P1040284.jpg
海の正面に立つシーエコビーチというコンドミニアム。
室内の写真撮影は友人が休んでいたという事を全面的な言い訳にしちゃいますw昨日よりも若干広めでしたが昨日と同じくベッド1台と布団1組。友人にゆっくり休んでもらおうと布団はもう1組追加しました。
夕飯は昨日の極寒BBQと黒豚が気に入ったので今夜もBBQにしようと思いましたが友人が無理っぽいので断念して外食する事に。友人が休んでいる間に偵察部隊を送り込み、お店を調べて来てもらいました。
偵察部隊が戻っても友人は良くならず、今日は食事をパスすると言うので3人でお出かけ。
P1040278.jpg
おちゃめな偵察部隊隊長が見つけてきたのはハムドクヘニョチョンという海の前の小さなお店。
海女のおばさん達が経営するお店で料理に使われている海産物はおばさん達が海から直接獲って来た天然物ばかりと聞いて一気にテンションUP↑
と言うのも今年は温暖な済州島も特に寒いので天然物はなかなか獲れないと聞いて諦めていたからです。
P1040277.jpg P1040276.jpg
まずはナマコの刺身。ソウルではあまりお目にかかれない紅ナマコ。コリコリとした食感がたまりません。
おかずも海の物が多く並び、どれも美味しかったです。
P1040282.jpg P1040283.jpg
天然のアワビは小さい物をお刺身にしてもらいました。色の違いは1日前に獲った物と今日獲った物で白っぽい方が新しいです。昨日のはサービスで頂きました。
更にサザエの壺焼き、汁物を注文してアワビを追加。特別に大きい物を出してくれました。手のひら大でW6万(約¥4,500)也。日本だったら3,4倍はするでしょうねぇ。
おばさん達は人柄も良く、日本から来た事を話すと10年くらい前まで海女不足の伊勢で働いていたと言って覚えている日本語で話してくれました。寝込んでいる友人には申し訳ないと思いつつ、天然の海の産物を堪能。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

F

Author:F
相変わらず定職には就いていませんが、脱・ストレスFree生活。なんだか色々始めちゃいました。
生きるって大変ですわ。

コモモ時計 ver.1

最近の記事
最近のコメント
とーたるあくせす
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。